ホーム > 制作前に > 基本構成

制作前に

基本構成  何を盛り込むか

年史・記念誌には一般的に以下のような項目が掲載されます。必要に応じて、盛り込む要素を決定します。

前付け

○口絵
イメージ写真・現況・商品・業務風景・古い写真などで構成します。
○代表者のあいさつ
発行にあたってのあいさつ。発刊の主旨や謝辞、今後の抱負などを述べることが一般的です。
○祝辞
関係団体等に執筆を依頼して掲載します。
○目次
章・節・項・目のタイトルとページ番号(ノンブル)を記載します。
○凡例
編集や記述の方針、使用法などを解説します。

本文

○あゆみ(足跡・軌跡)
全体的な歴史のほか、部門史・人物史などテーマを設けた記述も必要に応じて加えます。
○座談会
役員座談会、若手座談会など。会の構成メンバーによって、さまざまな意見や思い出などを引き出すことができます。
○寄稿・コメント
評価や意見、思い出などを外部の関係者から紹介していただきます。角度を変えた視点を加えることで、社史・記念誌の記述全体に説得力が生まれます。

資料編

○社内資料
以下のような項目から必要に応じて構成します。
原始定款・現行定款・歴代社長・現役員・歴代役員任期一覧・組織図・事業所・関連会社一覧・資本金・売上高の推移・当期利益の推移・従業員数・社歌 など
○年表
会社の転機や著しい変化があった出来事を中心にまとめます。「社会のうごき」や「業界のうごき」などをあわせて掲載すると時代背景が分かりやすくなります。

後付

○あとがき(編集後記)
一般的に編集委員長や事務局長ら編集業務の責任者が執筆します。編集方針の解説や協力者への謝辞が述べられます。
○索引
語句や事項を抜き出して、掲載ページ番号(ノンブル)を記載します。
○奥付
書名・発行年月日・発行者・監修者・編集者・制作者・印刷者などを記載します。