ホーム > 制作前に > 制作費の考え方

制作前に

制作費の考え方

年史の制作費は仕様や部数・内容によって大きくことなります。また、自社で編集制作をどこまで行うかによっても、制作費は変わってきます。

編集制作を自社で行う場合

外注費用がかからないという利点があります。ただし、通常業務に加えて制作業務を行うことになりますので、スタッフの負担増を考慮する必要があります。
スケジュール遅れや予算オーバーになりがちで、そのうちに発刊計画そのものが立ち消えることもあります。

編集プロダクションなどに制作を依頼する場合

編集プロダクションは編集や制作管理のプロです。依頼すれば、外注費用が発生します。内容の企画・取材・資料整理・原稿作成・写真撮影から、装丁・デザイン、用紙や製本方法の指定・印刷・工程・予算の管理など、制作工程のすべてについて、サポートしてもらうことができます。

外注可能な編集業務の例
 ・企画
 ・構成
 ・資料整理
 ・テープ起こし
 ・文字入力
 ・取材
 ・写真撮影
 ・座談会・対談などのセッティング
 ・原稿作成
 ・文章のリライト
 ・校正(表記の統一・誤字脱字のチェックなど)
 ・年表・グラフ・表の作成
 ・装丁や誌面のデザイン