ホーム > 制作前に > 制作の目的

制作前に

制作の目的  なぜつくるのか

何のために年史や記念誌をつくるのか。考えを組織内で共有しておくと、後々の進行がスムーズです。代表的な制作の意義とメリットを紹介します。

1、歴史を記録する
卑弥呼や聖徳太子を見た人がいないにも関わらず、私たちが知っているのは、歴史書に記述されていたからです。あらゆる出来事は記録されることで初めて、「歴史上の事実」として認識されます。

2、社会的役割を明らかにする
近年、企業の社会的責任(CSR)が重要視される傾向が強くなっています。地域社会や業界発展への貢献、社会的な役割などを明らかにすることで、イメージアップにつなげることができます。

3、存在意義と独自性を確認する
組織の歴史やその役割、目指す方向性を明らかにし、その存在意義と独自性を確認することは、従業員など組織に所属する方々の誇りやロイヤリティとモチベーションの向上につながります。従業員満足(ES)の観点からも年史や記念誌の果たす役割は大きいといえます。

4、先達を顕彰する
歴史を学ぶ意義は成功や失敗の要因を知り、それを活かすことにあります。創業者や先輩社員ら、困難を乗り越えてきた先達の歩みとノウハウを学ぶことは、後輩たちの大きな強みとなります。年史・記念誌は組織の今後の成長を助けるツールです。

5、対外的なPRを図る
年史・記念誌は優れたPRツールです。チラシや広告といった他のPRツールに比べ、各段に多くの情報を取引先や関係企業・団体などに提供することができます。また、図書館に寄贈すれば多くの一般の方々に、発行者への理解を深めてもらうことができます。

6、資料の収集・整備を図る
制作を通じて散逸しがちな資料や記録、写真などを整理するとともに、見やすい形でそれらを公開することができます。