ホーム > 制作手順 > 校正

制作手順

校正

校正紙を原稿と突き合わせて誤りを正し、文字や体裁の誤りをチェックする工程を「校正」といいます。

原稿が正しく組まれているか確認

レイアウトされた校正紙を校正します。編集プロダクションなどに依頼すれば、プロの校正者による校正や校閲(原稿の不備や情報の誤りをチェックすること)を受けることもできます。チェックするポイントは以下のとおりです。

校正のチェックポイント
レイアウトの適否
写真・図版の適否
写真・図版の位置
データの欠落・化け
本文・資料編・年表の整合性
事実関係の誤りの有無
文字校正(誤字・脱字・表記の統一)
執筆および整理要綱との対応
編集方針および記述姿勢との対応
タイトルおよび見出しと本文内容の対応

誤りがあった場合は修正指示を出し、正しく修正されているかを校正します。

また、誌面全体のレイアウトが完了したら、全体像を考慮しながら、以下の項目も確認します。
 構成・構造の適否(「編」「章」「節」「項」「目」の構造が適切か)
  本文・資料編・年表の整合性
 柱・ノンブル(ページ番号)の誤りの有無
 目次と本文の対応

印刷所に組版データを渡した後は、製版作業の後、色校が出されます。ここでは、写真などの色味を確認するほか、全体的な最終確認を行います。