ホーム > 便利手帳 > 編プロ活用法

便利手帳

編プロ活用法

「時間がない」「人員を割けない」「どうやって作るのかがわからない」......。そんなとき頼りになるのが、年史・記念誌制作の実績を持つ編集プロダクションです。

編集プロダクションに依頼できる業務

年史・記念誌制作に関する編集作業は、内部で全て行うと非常に手間がかかり、制作期間や予算がオーバーしがちです。編集のプロの手を借りると外注費はかかるものの、作業が無駄なく進められます。結果的に制作期間・予算を守りながら、品質の高い年史・記念誌を仕上げることができます。

編集業務を専門としている企業が「編集プロダクション」です。編集プロダクションに依頼できる業務には仕事には以下のようなものがあります。

企画・編集 情報を整理し、年史・記念誌にふさわしい内容に構成します。各工程の品質をチェックします。
取材・原稿作成 資料から、またはインタビューや座談会・対談などの取材で得た情報を元に原稿を作成します。
撮影 カメラマンまたは編集者・ライターが撮影します。
原稿整理 用字用語の統一や誤字脱字のチェック、本としての整合性を確認し、不十分・不適切な箇所はリライトします。
図版作成 表・グラフやイラストをつくります。
組版・デザイン 誌面の形へレイアウトし、印刷用データを作成します。
校正 原稿との照合や体裁の誤りをチェックします。
管理 スケジュールとコストを管理します。
印刷製本管理 印刷工程を管理し、用紙や製本方法を選択します。

編集プロダクションの選び方

ひと口に「編集プロダクション」といっても、その専門分野はさまざまです。年史・記念誌制作には、他の一般書籍・雑誌などとは異なるノウハウが必要な部分もあります。制作をスムーズに進めるには、年史・記念誌の制作実績を持つプロダクションを選ぶことが大切です。経験豊富なプロダクションなら、相談や疑問点・要望などに対していろいろな角度から提案してくれるはずです。

編集プロダクションへ問い合わせ方

まずは電話などで、「年史・記念誌の制作を考えている」と伝えてください。また、その時点で希望している制作条件があれば知らせます。条件については以下のような例が考えられます。
 ・発刊日
 ・発刊部数
 ・予算
 ・原稿執筆を内部でやるか、依頼するか
 ・サイズおよびページ数
 ・内容(写真点数・文字数、座談会・対談の有無など)
 ・製本方法

これらの情報を伝え、見積を依頼します。企画書や工程表も提出してもらうと、見積金額と作業内容や品質のバランスが分かりやすくなります。

企画書では以下のような内容を確認しておきましょう。
 ・基本方針
 ・編集方針
 ・構成案
 ・デザイン案

編集費や印刷・製本費は、計算が複雑な部分があります。不明点は確認しておくとよいでしょう。