編集雑記TOP

四十路の英語奮闘記 その二

2016_12070005.JPG

『その一』(2016.10.07)ではテキストである「副読本」の入手について触れましたが、それらの本で20数年ぶりの英語のお勉強が始まりました。

左側に本文、右側に単語や熟語というページの並びに懐かしさをおぼえつつ、しばらくはにらめっこです。中高生の頃、そこそこ英語の教科が好きだった私にとって、かつては「入門書」という位置付けでしかなかったはずの副読本ですが、長年のブランクで錆びついた頭には、かなりハードルの高いものになっていました。本当は左ページだけに専念したいのに、その試みはすぐに行き詰まり、困惑した目はついつい右へ右へと流れてしまいます。

仕方がないので覚えにくい単語にはその下に意味を、難しい発音の単語にはその上に発音記号を、シャープペンシルで書き込んでは黙読や音読を進めていく日が続きました。

それでも3カ月が過ぎる頃には、何となく遠い日々の感覚が(かすかに)戻ってきたような気がしてきました。

そうなると、書くことが好きな性分としては、書かずにはいられなくなってまいります。「書くことで"手が覚える"」という話を以前どこかで聞いたことなどがふと思い出されたりもし、ともあれパソコンに向かって、入力作業に取り掛かることにしました。

ここで、高校や大学の頃にパソコンはおろかワープロもそれほど普及していなかった世代の多くが直面するであろう英文入力の難儀さに見舞われることになりました。

第1の難儀さは、ある程度のまとまりを一気に入力できるようになった時期に現れました。無意識に、変換のためのスペースキーを押してしまうのです。入力のスピードが上がるのに伴い、最後の親指の勝手な動きも高速化して抑えが利かなくなってしまうため、ひところは快調な時ほど後半でわざわざペースを落とすというようなことまでしていました。

第2は opinion などのように「ン」の発音が含まれている名詞、特に普段カタカナで馴染んでいるたぐいの名詞ですね、その入力の際、これまた無意識に指が反応し、「N」キーの2度押しをしてしまうのです。これは結構頻繁に登場する上どこで遭遇するか予測しづらいもののため、ペースダウンも適用できず、さりとて他の対処法も思いつかず、とにかく2度押ししないよう意識しながら慣れるしかありませんでした。それゆえ第1の難儀より長く苦しんだ記憶があります。


こうして英語学習の本筋から離れたところでも、高校生や大学生、もしかしたら小中学生の頃から和文・英文ともにパソコンで書く機会に恵まれた今の若者たちには想像すらできないような各種の困難に、オジサンは翻弄されるのでした。

それにしても、書くというのは英語の世界においてもやはり楽しい行為です。かくのごとき難儀に見舞われながらも、四十路男の英文入力はその後も趣味の一環として、黙読や音読の合間にコツコツと続けられていくのでありました。
To be continued...      
編集S

| 2016.12.09 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |

『世界一美しい本を作る男』

編集雑記1201_b.jpg

もう8月のことになりますが、TOYAMAキラリ開館1周年記念に行われた映画上映イベント(先着200名、無料!)に行ってきました。
映画のタイトルは『世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―』というものです。「世界一美しい本を作る」と称される、ドイツにある小さな出版社の社長であるゲルハルト・シュタイデル氏の仕事に、密着取材を行い制作されたドキュメンタリーです。
氏は、高名な写真家やノーベル賞作家など多くの顧客を抱えており、世界中を飛び回って彼らのもとに直接出向き、打ち合わせを行っています。写真家から数十万ドルもの保険金がかかった貴重な写真を受け取った後、直帰せずに次の顧客のもとへ飛び、本のレイアウトや装丁、色の指定、スケジュール管理などを綿密に話し合います。
内容はほぼ全編がそういった顧客との打ち合わせのようすで、インクの匂いの違いにまで触れたりするマニアックなものですが、
「もっと商業主義にまみれた装丁にしたい」、「じゃあバーコードを表4いっぱいに金で箔押ししよう」、「表紙もラメ入りで一冊一冊違う色にしちゃおう」
などといって本がどんどん露悪的な見た目になっていく模様も見られるので、業界人以外が見ても楽しめる映画になっていると思います。

| 2016.12.02 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |

思考大会の問題に挑戦

小6の次男のサッカー最後の公式戦、全国につながる大会が先日終わり、全国大会への出場はかないませんでした。重い、重い全国への扉を開ける寸前までいったのですが、惜しくも準優勝。本人はベンチでしたが、一生懸命チームメイトを応援していました。私も、正座して応援しましたが、後一歩のところで負けてしまいました。試合当日は落ち込んでいましたが、翌日からはコロッと忘れたかのように練習していました。
その次男が、先日富山県児童生徒思考大会に行ってきました。60点以上は取りたいと、過去問を買って、勉強とサッカーの合間に問題にチャレンジしていました。この思考大会、確か私も小学生の時に受けたように思います。添付したのは、昨年の問題の一部。一人で黙々と自分のペースでやる子なので、自分から「教えて」とはゼッタイに言いません。なので、晩御飯の後に「どっちが先に解けるか勝負しよう」と持ちかけて、過去問に挑戦しました。結構、これが難しいというか、ここというポイントに気づくかどうかが時間内に解けるかどうかの分かれ目になる感じです。解き終わった頃には、冷えたビールが飲めない状態になっていました。果たして本番で何点取ってくるのかな。結果は学校に送られてくるようです。

sikou27-1001-1_b.jpg

編集A
| 2016.11.18 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

富山マラソン完走しました

15056401_n.jpg

10月30(日)に開催された富山マラソンに参加しました。「マラソンを走る人の気が知れない」と思っていた私ですが、完走して意識が変わりました。なにより沿道の方やボランティアスタッフの方の「がんばれー」とか「もうちょっとだよー」というたくさんの声援がとってもうれしくて、感動しました。


また、来年走るかは、考え中です。


 


編集U

| 2016.11.11 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

ボブ・ディランについて私が知っている二、三の事柄

◯本名はロバート・アレン・ジマーマン。

◯「ディラン」の由来は英国の詩人ディラン・トマスから来ているそうだが、本人は否定しているらしい。

◯セカンドアルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』の有名なジャケットhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/discography/SICP-4707に写っている初期の恋人、スーズ・ロトロは2011年に亡くなった。

◯フォークからロックへの転換を模索していたディランと、伝統的なフォークを好むファンが丁々発止のやりとりをする場面が収録されているライブ・アルバム『ロイヤル・アルバート・ホール』。実はロンドンにある同ホールではなく、マンチェスターのフリー・トレード・ホールでの演奏である。

◯このときバックを務めていたのがザ・ホークス。後のザ・バンドである。

DA・ペネベイカーが監督したディランの65年ツアーのドキュメント『ドント・ルック・バック』(1967年)のオープニング、歌詞カードを次々と投げ捨てるディラン(曲は「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」)。ミュージックビデオの走りとしてよく知られている。

https://www.youtube.com/watch?v=MGxjIBEZvx0

◯ディランは1973年のサム・ペキンパー監督『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』にビリーに憧れる少年役で出演し、音楽も担当している。劇中流れる「天国への階段」はディランの曲の中で最も多くカバーされている。

◯この曲は2001年のアメリカ同時多発テロが起こった際、全米最大のラジオ局「クリア・チャンネル(現アイハート・メディア)」が作成した放送自粛曲リストに含まれていた。

◯ザ・バンドやバーズ以外にも有名なカバーは多数あるが、ジミ・ヘンドリックス「見張り塔からずっと」、レッド・ツェッペリン「死にかけて」(ディランの演奏自体ブラインド・ウィリー・ジョンソンのバージョンのカバー)、ローリング・ストーンズ「ライク・ア・ローリング・ストーン」(本歌取り?)などがよく知られている。

◯ヘヴィメタルバンドのジューダス・プリーストは、バンド名をディランの曲名から思いついたそうだ。

1984年のインタビューで、「自分のやっていることが本当に理解されるには、あと100年かかるかも知れない」と語った。(文藝別冊『ボブ・ディラン』河出書房新社、2002年)

2007年頃、孫の幼稚園で何曲か歌ったが、怪しいじいさんだと思われて敬遠されたhttps://www.barks.jp/news/?id=1000031409

 

 

ノーベル文学賞受賞、おめでとうございます。


Y

| 2016.11.04 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |
<<前のページへ 56789101112131415
Copyright (C) 編集雑記. All Rights Reserved.