編集雑記TOP

雪景色

IMG_0867 (2)_b.jpg

雪に苦しめられることの多い北陸ですが、市街地でもこうした景色に出会えるのは魅力の一つです。
心が洗われます。

編集S


| 2021.01.19 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

数年ぶりの「氷見・寒ブリ」

210112_b.jpg

2020年は久しぶりに氷見の「寒ブリ」が大豊漁でした。
我が家では東京の長男家族が帰省できなかったので、思い切って「寒ブリ」を食べさせてやろうと思い、年末に10キロクラスの「寒ブリ」の片身を送ってやりました。
刺身やブリしゃぶ・焼き魚などいろいろな方法で味わったようで、普段は肉中心で魚をあまり食べない孫たちも喜んでくれたようです。
しかし、6歳の孫は「イカ」と「エビ」のほうがが良かったとクレームを入れてきたので、今年の年末は「イカ」と「エビ」に変更する予定です。

編集:TK
| 2021.01.12 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

さらなる高みを目指して

 うちの子どもたちがお世話になった学童サッカーチーム出身の女子サッカー選手が米国プロサッカーリーグに挑戦することになりました。親子サッカーで一緒にプレーしたり、下の子が大会で遠征した時には陣中見舞いに駆けつけてくれたり、少なからず縁があることから、なかなか会場まで足を運べないため各種メディアを通して試合を観て、彼女を応援してきました。先日の皇后杯も期待して観ていましたが、残念な結果に終わりました。今回の挑戦が、彼女のキャリアを輝かせるものとなってほしいと思います。
 その彼女も出場がかなわなかった学童サッカーの最高峰、全日本少年サッカー大会に向けて25日、選手とチーム関係者が出発します。積雪により、試合から遠ざかっている点が心配ですが、全国の舞台を楽しんできてほしいです。
 コロナの感染拡大が止まらない、収束が見えない状況のため、下の子が県代表の一人として参加する将棋大会も、本当に開催できるのかどうか...。ですが、無事大会が開催されることを祈りつつ、しっかり個人でできる感染対策をして、試合ができること、対局ができることに感謝しつつ、一人ひとりの目標、さらなる高みを目指して頑張ってほしいです。

編集A
| 2020.12.28 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |

SDGsってなんだろからはじめよう

地域や職場などでSDGsを広め、自ら実践する「SDGs推進コミュニケーターの認定をいただきました。

131267782_b.jpg

SDGsという言葉はずいぶん聞かれるようになってきたけど、自分でどう実践していくかが大事だなと思います。

営業 U
| 2020.12.21 | 仕事 | comment(0) | trackback(0) |

接続詞には要注意

先日、父親より某施設の会報に掲載する文章を添削して欲しいと頼まれ、しぶしぶ引き受けました。話が支離滅裂になったり話題を詰め込みすぎたりするのはしょうがないのですが、接続詞をやたら使うところ、文末の不統一なども気にかかりました。
後日、病院の待合室で読んでいた井伏鱒二の随筆に、まさにそれを指摘する部分があったので、引用します。

 二、三年前のこと、私は自分の参考にするために、手づるを求めて尊敬する某作家の組版ずみの原稿を雑誌社から貰って来た。十枚あまりの随筆である。消したり書き直したりしてある箇所を見ると、その原稿は一たん清書して三べんか四へんぐらい読みなおしてあると推定できた。その加筆訂正でいじくってある箇所は、「......何々何々であるが」というようなところの「が」の字と、語尾と、語尾の次に来る「しかし」または「そして」という接続詞とに殆ど限られていた。訂正して再び訂正してある箇所もあった。その作家の得心の行くまで厳しく削ってあるものと思われた。あれほどの作家の作品にして、「が」の字や「そして」「しかし」に対し、実に初々しく気をつかってある点に感無量であった。(「が」「そして」「しかし」1956年、引用は『日本近代随筆選1 出会いの時』岩波文庫 2016年より)

 父親の原稿はずいぶん手直しして渡しましたが、それでも「そして」が残っていました。自分にはつい甘くしてしまうようで反省しきりです。

編集Y
| 2020.12.14 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |
1234567891011
Copyright (C) 編集雑記. All Rights Reserved.