編集雑記TOP

懇親会でした。

先週は年に一度の懇親会でした。
普段は電話とメールでしかやりとりしない事務所の方とも挨拶をして
お酒と料理を楽しみました。

椿

IMG-1646_b.jpgIMG-1648_b.jpg
IMG-1649_b.jpgIMG-1650_b.jpg

| 2018.04.27 | 仕事 | comment(0) | trackback(0) |

ライオンって本当に

昔のハリウッド映画で、ライオンが吼えるオープニングロゴがありました。子供のころから漠然と「ライオンって本当にあんなふうに吼えるのかな?」と疑問に思っていましたが、誰かに尋ねたり調べたりするほど関心が高まることもなかったため、ずっとそのままで過ごしてきました。

おとなり石川県にある「いしかわ動物園」へ行った時のことです。聞いたこともないようなおどろおどろしい声がかなり離れた場所から聞こえてきたので、「いったい何だ?」と声のほうへ足早に向かいました。
角を曲がったところで目に飛びこんできたのは、人生初の生きたライオン!
近くに寄ると、はらわたに響くほどの激しい咆哮を浴びせられました。

2016_04300029_b.jpg

「ライオンって本当にあんなふうに吼えるんだ!」
数十年来のモヤモヤが吹き飛んだ瞬間でした。

編集S
| 2018.04.20 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

富山県高岡市の新名所「恋する灯台」「道の駅・雨晴」

春先に見られる青い空、咲き誇る数十本の巨木の美しい桜、その中に映える白い姿から桜の灯台とも言われているのが、昨年「恋する灯台」に指定された岩崎の鼻灯台。かなり辺鄙な山中でドライブや散策をしていても絶対に気付かない。
また、そのすぐ近くの国道415号線沿いに海越しに3,000m級の立山連峰を望む国名勝・奥の細道の風景地に指定された有磯海にある「道の駅・雨晴」が2018年4月にオープンする。源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨が晴れるのを待ったという伝承から名づけられた「義経岩」があり、地名「雨晴」の由来ともなっている。浜から眺める岩礁、富山湾越しに見る立山連峰の雄大な眺めは素晴らしい。
恋の雲行きが怪しくなっても、この地に立てば綺麗に晴れていきそうだ、と紹介されている。恋の雲行きが怪しい方は「恋する灯台」を探してみてはいかが。
編集:TK

2018040501_b.jpg

2018040502_b.jpg

2018040503_b.jpg
| 2018.04.05 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

しちりん・七輪・七厘

先日、NHKのテレビニュースで「しちりん」という言葉が使われていました。ニュースは、富山県入善町の深層水で洗浄した牡蠣を「しちりん」で焼いて振舞った」といった内容だったと思います。
ずいぶん前に校正のテキストを読んだ者にとって「しちりん」は、校正者の独断を戒める単語として登場します。一般的には七輪と書かれますが、「一回の炊飯の燃料代が七厘かかったところから七厘と表記された」とする説もあり、七厘を七輪に直してはいけないというものです。
NKHの原稿が七輪と七厘のどちらを使っていたかわかりません。地元の新聞ではどう表記されているかと調べてみましたが、「炭火焼き」と書かれ七輪と七厘のどちらも出てきません。

T
| 2018.03.09 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

もうすぐ春です。

先週、仕事に来ていただいていた外注さんが2月いっぱいで辞められるということで、
送別会と銘打って、ときどきお世話になっていた、お隣の中華料理屋さんへ行きました。
・・・が、なんとその中華料理屋さんも今週末で閉店するとのこと。

春は別れの季節ですね。

IMG_1244_b.jpg

IMG_1248_b.jpg

IMG_1732_b.jpg

椿
| 2018.03.02 | 仕事 | comment(0) | trackback(0) |
<<前のページへ 1234567891011
Copyright (C) 編集雑記. All Rights Reserved.