編集雑記TOP

旅に出るときほほえみを 二度と帰らぬ旅だもの

サンリオSF文庫に入っていたナターリヤ・ソコローワの小説『旅に出るときほほえみを』が白水Uブックスで復刊されたので、こちらもお勧めしたいと思います。
「人間」と呼ばれる科学者と、彼が作り上げた合金製のロボット「怪獣17P」が独裁者の策謀に否応なしに巻き込まれていきます。その中で「人間」が取った行動は......という寓話めいた「現代のおとぎ話」です。
旧ソ連時代の小説ですが、混迷する現在にこそ改めて読まれるべき作品だと思います。

Y
| 2020.01.27 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |

私は形式的仏教徒

私が昨年春ごろからから乗っている車は、その日の最初にエンジンをかけた時点で月日と曜日を教えてくれます。
12月25日の朝、エンジンをかけると「メリークリスマス。今日は12月25日です」と音声が流れました。ほかの日は単純に月日と曜日だけなのに、大きなお世話です。暫く車を走らせるとラジオから、パーソナリティー、アンカーと呼ばれる二人が「メリークリスマス」と言います。
私は形式的であれ仏教徒を装っているものですが、日本に暮らす限り「メリークリスマス」から逃れられないようです。

T

| 2020.01.17 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

令和初のお正月

あけましておめでとうございます。
本年もご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は暖冬で、冬を感じないまま気付けば年が明けていました。
スキー場も雪不足で困っているようです。
寒いのは苦手ですが、雪景色や冬の澄んだ空気は好きなので
それらが感じられないのは寂しい気持ちになります。

だからといって後々どかっと雪が積もるのは勘弁してほしいです。

椿
| 2020.01.10 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

改元

以前、12月23日に毎年済ませていた用事があり、「あれ、今日は何かの祝日じゃなかったっけ?」と、仕事中にふと手が止まりました。
その日が今年から天皇誕生日ではなくなったことに気付き、元号が変わったことを改めて感じました。

DSC_0015_b.jpg

編集S
| 2019.12.27 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

冬の陶芸教室

いよいよ北陸に冬がやってきました。
私が通っている陶芸教室では、近年この時期になると真っ白に焼き終えてある磁器の皿やカップを購入して、自由に絵を施して800℃程度で焼き上げる「上絵付」でお茶を濁しています。
手びねりや轆轤で粘土を成形するためには、まず荒練り・菊練りなど冷たい粘土をこねる作業が必要です。この作業が非常に冷たくてつらいので、2~3年前から会員の総意で冬の時期にはコーヒーやお茶を飲みながら上絵付をすることになりました。
アマチュア陶芸家には水も使わず、手荒れもないこの程度の修業が楽しくてピッタリです。

 191213image001_b.jpg
飾り皿「唐獅子」

編集:TK

| 2019.12.13 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |
<<前のページへ 1234567891011
Copyright (C) 編集雑記. All Rights Reserved.