編集雑記TOP

「三国志」展に行ってきました

お盆休みの後半、久しぶりに関東へ遊びに行ったので、現地の友人と東京国立博物館の特別展「三国志」を観てきました。
当時の食器や武器、芸術品、副葬品、用途が解明されていない工具?  や、竹製の名刺(!)など、地味なものが多かったものの様々な文物が解説文とともに展示されており、ひとつずつ見ていくと2時間以上かかったくらいの展示数でしたが、どれも興味深く楽しめました。友人ふたりは何だか15分で飽きていたようですが知りません。
子供のころから漫画や小説、ゲームなどで三国志に触れてきましたが、実物の説得力に触れたことでまた色々と読み返したくなってきました。

IMG_2491_b.jpg
B5判で300頁超の図録。下はなぜか一緒に買ってしまった黄巾党のスローガン入りバンダナ。いつか蒼天が死んだら使います。

編集 AS

| 2019.08.30 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |

作品を増やさない秘訣

陶芸は簡単にいうと、泥練り⇒成形⇒乾燥⇒仮焼き(約800℃)⇒柚掛け⇒本焼き(1,250℃)の手順で完成します。
この途中で破裂したりヒビが入ったりする原因の多くは、
・泥練りを丁寧に行わなかったために、空気が抜け切れていなかったり、粘土にムラがあったりしたこと。
・成型時に水を使いすぎたり、底と本体・本体と口の厚さに差があったこと。
・乾燥時に慌てて乾かしたり、乾燥不足であったこと。
・仮焼き時に水分が残っていたり、急激に温度を上げたこと。
などです。

私のような素人はこの単純な手順でさえ、無意識にどこかの段階で手を抜いてしまうので、なかなか満足な作品が仕上がりません。
作ったもの全てが満足するものなら、家の中が陶芸だらけになるので、この程度でちょうどいいのかもしれません。と自分を納得させています。
編集:TK

190823_1.jpg
焼締・鶴首花瓶

190823_2.jpg
花瓶「春風」

| 2019.08.23 | 趣味 | comment(0) | trackback(0) |

次男が昇段、スクール卒業しました!

 昨年12月に突然サッカーを辞めて将棋を始めた次男。8カ月かけて、先日スクールを卒業しました。初段に昇段です。スクール2級で挑戦した5月の第25回県ジュニア将棋名人戦では予選を5勝1敗で勝ち上がり、決勝トーナメントでは前年度チャンピオンに一手及ばず敗戦したものの5位入賞を果たしました。7月の第73回全日本アマチュア将棋名人戦県大会では、いきなり前年度県アマ名人(チャンピオン)と対戦して敗戦。級が上がれば当然対戦相手も強くなるわけで、そんな中8カ月で昇段というのは、結構頑張ったのではないかと思います。高校でも将棋を続けるために、将棋部のある高校を目指しているようです。そんな次男を応援しつつ、私は送迎の合間に県内外で行われるサッカーの試合を観に出かけています。皇后杯富山県大会の会場で、入居するビルのオーナーさんのご子息とバッタリ。高校時代、結構本気でサッカーをされていたそうです。
 次男はスクールを卒業しましたが、体が言うことを聞かない私は、相も変わらずサッカー観戦三昧。当分、卒業できそうもありません。

編集A
| 2019.08.09 | 日常 | comment(0) | trackback(0) |

富山県観光未来塾

富山県観光未来塾に入塾しました。
観光で富山を盛り上げていきたいという方々に囲まれて刺激をうけています。
先日は富山の地酒の講座ということで
蔵元の方々が日本酒を携えてきて来てくださいました。。

IMG_1336_b.jpg IMG_1338_b.jpg

日本酒もそれぞれ個性があるということや、南砺のお米が全国各地の日本酒作りに
使われていることなど、おもしろい話がきけました。

編集U
| 2019.08.02 | 仕事 | comment(0) | trackback(0) |

霊獣「くたべ」に会いに来て

ivent_2019_01.jpg
(画像は富山県[立山博物館]HPより)

 富山県[立山博物館]では、特別企画展「立山ふしぎ大発見!?」が絶賛開催中です。富山県のシンボル「立山」にまつわる、知っているようで知らない「立山のふしぎ」がわかりやすく紹介されます。弊社では、図録・チラシの制作で協力させていただきました。
 企画展では、江戸時代の立山に現れた「くたべ(くたへ)」という謎の生き物についても公開されます。その姿を見ると疫病を避けられるといわれる伝説の生き物に関する資料が日本各地から集められています。
 立博に集合したくたべ"ちゃん"はどれもかなりイカした造形なので、大相撲の朝乃山関、NBAの八村塁選手らに続く、富山県を代表する新キャラクター? が誕生するかもしれません。妖怪好きにも大注目の企画展をぜひご覧いただければと思います。
 会期は9月1日まで、詳しくは富山県[立山博物館]ホームページをご覧ください。
http://www.pref.toyama.jp/branches/3043/home.html
| 2019.07.26 | 仕事 | comment(0) | trackback(0) |
<<前のページへ 1234567891011
Copyright (C) 編集雑記. All Rights Reserved.